海外での学習

看護医療学部生の国際交流

看護医療学部の学生は選択科目の履修やサークル活動を通して毎年、延べ60名から70名が海外で活動しています。

海外研修科目

看護医療学部では独自に以下の海外研修プログラム(選択科目)を用意しております。

  • 臨床看護実践(海外)(アメリカ)
  • 世界の医療・保健制度II(海外研修) (イギリス)
  • プライマリーヘルスケアと国際保健II(海外研修)(ラオス)

3科目合計で毎年30名程度の学生がこのプログラムに参加しております。

上記のプログラムに参加する学生に対しては、一人当たり10万円前後の奨学金を支給します。

「青田与志子記念慶應義塾大学看護医療学部教育研究奨励基金」による学生の主体的な海外活動

上記の海外研修プログラムの他に毎年30~40人程の学生が、個人またはグループで看護・保健・医療・福祉に関わる外国での学習・研究活動に取り組んでいます。
海外研修プログラム同様、こうした活動に対しても奨学金を支給しております。

青田与志子記念教育研究奨励基金について