ディプロマポリシー

身につけてほしい5つの能力

学則で定める卒業に必要な単位数を取得することが学士号授与の要件となる。また、卒業までに次の5つの力を有することを重視する。

基盤となる人間力

基本倫理としての生命・人間尊重の精神を身につけ、人間的に調和の取れた人格を備え、社会人として成長しうる力を有する。また、幅広く社会への関心をもち、人々と出会い交流し相互作用ができる力を有する。

看護・医療の専門的力

看護の知識・技術を駆使して新しい看護活動の場を創造し、保健・医療・福祉を先導するための基礎的能力を有する。

連携・協働する力

高度化された医療に対応し、さまざまな専門職のチームで互いの専門性を最大限に活かして、より優れた実践に繋げるために行動できる能力を有する。

国際的に活動するための基礎的な力

国際的な感覚をもち、日本の位置や役割を捉えられる幅広い教養を身に付け、他国の医療専門職と協働できる柔軟な発想と行動ができる基礎的能力を有する。

変化を起こすための基礎力

看護や医療および社会で起こっている、あるいは起こりうる事象への関心を深め、問題を発見する批判的能力、問題解決能力、変革力を有する。

身につけてほしい5つの能力は、「人間・社会科学領域」「健康科学領域」「看護科学領域」「統合領域」の4領域で構成されるカリキュラムをとおして学ぶことになります。

カリキュラムポリシーはこちら